2013,4月

近年は高齢化が進んできていることもあって、介護施設も増加してきています。
実は、当ブログの管理人は地方に住んでいるのですが、次から次へと高齢者施設ができています。
介護保険制度が開始して、13年ほど経っており、高齢者がさらに増加し、介護施設の利用者も年々増えています。
その一方で、現場では十分な介護士を確保できず、人手不足に陥っています。
介護の業務は多岐にわたっており、体力的にもきつい仕事であるため、せめて事務的な業務は軽くしたいですよね。

介護保険請求ソフト「かがやきぷらん2」を活用することで、施設の事務業務を軽減できます。
「かがやきぷらん2」は、リーズナブルな価格にて購入でき、使い方も簡単、安心して利用できる、介護保険請求ソフトです。
「かがやきぷらん2」はNTTデータがサービスを提供しているので、安心して利用できるでしょう。初期費用は無料、1人分につき月額525円で利用できます。
サービスには、収納代行、国保連電送、審査結果取り込み、介護補償債券の早期資金化、介護サービス計画書の作成など多岐にわたっています。

初期費用は掛からず、保守費は無料、利用料は最大で2ヶ月無料になります。

介護ソフトのかがやきぷらん2はこちらから
 

 
2013,3月

仕事のデスクの上に、卓上カレンダーはあると便利です。なくてもいいと思うかもしれませんが、日にちの予定を経てるときなどに、目に見える範囲に卓上カレンダーがあると、想像以上に便利なはずです。また卓上カレンダーの中でも書き込むスペースが大きいものは、予定をササっと書けるというのもメリットではないでしょうか。

また、企業で壁掛けカレンダーをオリジナルで作って挨拶回りをしていたところも、最近は卓上カレンダーに変えるという企業も増えました。挨拶回りをするときに壁掛けカレンダーを持ち歩くのは大変ですし、もらう側としてもイメージと違うカレンダーだった場合、壁掛けだと使うのに躊躇してしまいます。でも卓上カレンダーであれば、ちょっとイメージと違うものだったとしても、使ってもらえる可能性は大です。宣伝になるから壁掛けカレンダーがいいとはいっても、使ってもらえなければ意味がありませんから、使ってもらえるように卓上がいいのだと思います。

卓上カレンダーなら個人で作成するのも簡単。オリジナルのカレンダーも気軽に手ごろに作成できます。自分だけのカレンダーとして作ってみてはどうでしょうか。色々な用途で便利に使える卓上カレンダーに注目です。